京都の薬剤師求人の中から自分の希望に合うものを探してみよう

薬剤師16

京都の薬剤師求人の種類には、地元に本社を構える製薬会社や総合病院、調剤薬局、ドラッグストアなど様々なものがあります。職場によって薬剤師が求められる能力や担当する仕事内容に大きな違いがあります。そこで、京都の周辺で働きたい人は、就職活動を通じて自分のキャリアや適性を生かせるところを探すことが大切です。

製薬会社には医薬品の研究開発や医療機関の営業まで様々な職種がある

京都の製薬会社の薬剤師求人の中には、医薬品の研究開発や営業など様々な職種があり、修士号や博士号を持つ人や調剤業務の経験が豊富な人は有利な条件で就職活動を進めることができます。特に、京都に本社を構える大規模の製薬会社においては、新卒者から中途採用者まで様々な立場の薬剤師が活躍できる環境が整っており、学歴や職歴、所有資格などに応じて適材適所の配置が行われています。

そうした状況の中、製薬会社で薬剤師として力を発揮したい人は、日々の業務の内容がハッキリと分かるところや、将来に繋がる業務を任せてもらえるところを就職先の候補に入れることがおすすめです。人材採用に積極的な京都の製薬会社においては、就職希望者を対象に社内の各部署の見学に対応したり、先輩社員が就職相談に乗ったりしているところもあります。

また、海外にも支社がある製薬会社に入社をする場合には、数年の経験を積んでから海外駐在を命じられたり、外国人の社員や顧客とコミュニケーションをとる機会が多くなったりするケースもあります。そこで、製薬会社の就職後の働き方について詳しく知るうえで、実際に同じ会社で長く薬剤師として勤めている友達や先輩に話を聞いたり、評判が良い会社の求職者向けのウェブサイトやパンフレットなどをチェックしたりすることが大切です。

病棟では調剤から服薬管理まで様々な専門スキルを習得しやすい

京都の総合病院や公立病院で薬剤師として勤務をする場合は、毎日の業務を通じて調剤から服薬管理まで様々な専門スキルを習得できます。そのため、キャリア志向の強い求職者にとって、理想的な職場のひとつとして位置づけられることがあります。

また、病気や障害のために意思疎通が難しい患者の数が多い病棟では、定期的に薬剤師を含めすべての医療従事者を対象とした業務研修が行われることがあり、実務経験が少ない人も働きながらスキルアップを図ることが可能です。

病棟の薬剤師は、交代制勤務を担当したり、残業時間が長くなったりすることもあるため、仕事を長く続けるためには人並み以上の体力や精神力が必要となります。また、人員不足が常態化している病棟においては、希望通りに休日を取れないこともあります。

そうした中、仕事のストレスや疲れを溜めないようにするうえで、日ごろから仕事とプライベートの時間の管理をきちんと行うことが大切です。なお、病棟での経験が豊富な薬剤師は、職場内で同僚や他の職種のスタッフに信頼されるだけでなく、転職活動の際にも好意的に評価してもらえるといったメリットもあります。

調剤薬局はルーティーンワークが好きな人やコミュニケーションが得意な人におすすめ

京都にある調剤薬局の薬剤師は、一人ひとりの患者と対面して処方薬の効能や副作用、飲み方などの説明を行う機会が多く、色々な立場の人とコミュニケーションを取るのが得意な人に向いています。また、調剤薬局の仕事はルーティンワークが中心となりますが、てきぱきと調剤業務に取り組める人や、多種多様なジャンルの医薬品の知識が豊富な人が重宝されています。

調剤薬局の薬剤師の求人数は、地域によってバラつきがありますが、病棟やドラッグストアと比べると少ない傾向があり、管理薬剤師の資格を持つ人や実務経験者が有利になっています。一般的に、街中にある調剤薬局は早朝や夜間の勤務が無く、毎日決まった時間帯に仕事に取り組みたい人にとって魅力的な職場として捉えられています。

地域に根差した調剤薬局の中には、様々なキャリアを持つ薬剤師を受け入れるため、出勤日や労働時間などの希望に柔軟に対応をしているところが多くあります。そのため、少しでも調剤薬局の仕事に関心があれば、京都の各エリアの薬剤師の求人がたくさん掲載されている就職情報サイトを使ったり、求人先に業務内容や待遇について聞いてみたりすることが大切です。

ドラッグストアは時間を有効に使ってパート勤務をしたい人に人気

京都のドラッグストアの店内にある薬局や医薬品の対面販売コーナーなどの薬剤師の求人は、時間を有効に使ってパート勤務をしたい人の間で人気が高まっています。多くのスタッフが在籍している店舗の中には、週に一日からシフトに入れるところや、一日に三時間程度の短時間勤務ができるところもあるため、様々な理由でフルタイムの勤務が難しい人も安心して働き続けることができます。

また、病棟や調剤薬局での実務経験が長い人は、ドラッグストアのパート求人で働き始める際に二千円を超える時給が設定されることもあります。最近では、人手不足をカバーする目的で、パートの薬剤師の手当の金額をアップしたり、半年に一回程度ボーナスを支給したりする京都のドラッグストアの数が増えています。

そのため、やりがいだけでなく給料にもこだわってドラッグストアの仕事を始めたい人は、時間を掛けて人気の店舗の求人情報をチェックすることがおすすめです。

必要に応じて医療分野の就職サポートがしっかりとしている人材紹介会社を利用しよう

京都で自分のキャリアや能力、希望条件などに合う薬剤師の求人をスムーズに探したい時は、医療分野の就職サポートがしっかりとしている人材紹介会社にお世話になるのも良いでしょう。会社によっては、実務経験や所有資格など一定の条件を満たす求職者を対象に、非公開の製薬会社や医療機関の病院の紹介を行っているところや、採用面接に同席をしたりしているところもあります。

また、最近では本格的に就職活動を始める前に適職診断やキャリアアドバイザーへの相談ができる人材紹介会社の数が増えています。そこで、実際に人材紹介会社を通じて京都で薬剤師の内定を獲得した人の口コミを参考にして、信頼できる会社を探してみるのがおすすめです。

京都で理想的な薬剤師求人を見つける方法

京都の理想的な職場で薬剤師として活躍をしたい場合は、数ある病棟や調剤薬局などの求人の中から、給料や休日の日数などの条件が良いところや、将来性がある業務に取り組めるところを見極めることが大切です。また、それぞれの職場で求められている人材について把握をするうえで、医療関係の就職情報サイトや人材紹介会社などを頼りにするのも有効です。

参考|APOPLUS 薬剤師https://www.apo-mjob.com/